放射線技師(医療従事者)がフリーランスとして働くために 独立や起業のためにすること・モヤモヤした場合の解決策

  • URLをコピーしました!

最近ドラマラジエーションハウスも放送され放射線技師としての知名度も一気向上しました。そこで今回は、今後診療放射線技師を目指す人や現在放射線技師の方が独立や起業を考えた時に心のモヤモヤを解決できるような記事を投稿していきたいと思います。

今回の記事でわかること
  • 起業までのステップ
  • 独立を考えた時にする行動
  • 行動や行動しているときに感じるモヤモヤを解決
  • 私の体験談と現状の解決策
  • 起業のアイデアがない時にすること
目次

私が起業したい理由

私は現在起業をしたいと考える医療従事者です。しかし今現在は起業は達成できていません。本業である医療従事者を継続しつつ起業に向けて準備や行動をしている最中です。「私に関して詳しく知りたい方は、こちら

  • 今の縛られたまま働きたくない
  • もっと給料が欲しい
  • 時間に縛られたくない
  • お金を自分の力で稼いでみたい
  • 医療従事者が自分にあっていない
  • 楽しく働きたい

こんな子供のような願望や願いを就職した直後から持っていました。しかし医療従事者である限り願望は達成することは難しく、ましてや結婚後は、プライベートすら家事と子育てに追われる毎日です。

毎日・本業と家庭に追われる毎日を4年ほど経験し、その間に転職も経験しました。しかし現状は変わらず、自分自身が医療従事者であり続けることで、願望は絶対に叶わないし、将来必ず後悔すると感じ行動することにしました。

自分の願望を確実に安全に叶えるためには、しっかり準備をしてから医療従事者を辞めてフリーランス・起業するしかないと考えました

私が実践している独立・起業のステップ

テスラモーターズ・スペースXの共同創業者であるイーロン・マスク氏は

「まずは、起業すること。 公算はその後からついてくるもの。」

と起業することが前提で、行動は後から考える。

しかし日本人や医療従事者は慎重なタイプが多いかと思います。

私もですが心配性な私は、いきなり起業独立ではなく、いくつかの段階を踏むことにしました。医療従事者がいきなり起業には、様々な壁があります。医療従事者は専門性だけが高く、できる幅が狭いため独立のスキルや経験にかなり偏りがあることを痛感していると思います。例えば、放射線技師や臨床検査技師などは資格を用いてアルバイトは、病院や健康診断などのアルバイトなどに限定され、幅広いスキルUPは期待できません。

医療従事者は専門性が高く幅が狭いため、資格を生かした独立は難しくさらに費用が多くかかります。

  1. 起業・独立の理由を明確にする
  2. 起業して何をするか考える
  3. 起業の規模を考える
  4. 起業の資金や収入について考える
  5. 起業法を決めて、起業の手続き
  6. 実際に起業する

そのため、医療従事者が起業・独立のためにはいくつかの段階を踏みましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる