メダカの雨水対策 梅雨時期は、この方法でメダカを救え!! 必須アイテムと方法を徹底解説

  • URLをコピーしました!

梅雨の時期や雨の多い季節・雨が降った時に気になることがメダカへの影響です。

  • 水質が酸性に傾く
  • メダカが容器の外にあふれる
  • 病気にかかりやすくなる

など多くの問題がきになるところです。

今回は、雨による影響と対策方法とおすすめのアイテムを紹介していきます。

今回の記事でわかること
  • 雨水による水質の変化
  • 雨水がメダカに与える影響
  • 梅雨時期の雨水対策
  • 雨の時に使える、おすすめアイテム
目次

雨水の水質と性質

降り始めの雨を「初期雨水(しょきうすい)」といいます。

「初期雨水」は、大気中の汚染物質よって酸性度が高く、屋根、雨樋の汚れを多く含んだ雨水になります。

学生の時に「酸性雨」とゆう言葉を聞いたことはありませんか?酸性雨は、大気中の窒素酸化物(NOX)や硫黄酸化物(SOX)などを雨が吸収することで発生するとされています。そのため、 降り始めたばかりの雨水は、酸性度が高いとされています。

メダカと梅雨時期の関係

最初に結論から言いますと多少の雨は問題ありません。

雨の時に起こること
  • 雨水により水温が変化(低下する)
  • 水質が変化し、メダカに負担がかかる
  • 容器内の水があふれる(オーバーフロー)
  • グリーンウォーターじゃなくなる
  • 梅雨時期は日照時間の減少

の5点が雨が降ることによって起こります。

雨水により水温が変化

水温は気温に依存するところが大きく、雨水の影響で水温が大幅に変化することはあまりありません。よ梅雨時期やゲリラ豪雨でない限り、水温はほんのわずかにしか(2〜4℃程度)変化しません。数度程度であればメダカには大した影響はありません。

  • 成魚の場合は、少量の雨は影響なし
  • 針子や稚魚には温度変化は、注意が必要

メダカの大きさや成長度合いによって、影響が変わります

水質が変化しメダカに負担を与える

大量に雨水が混入すると、水質を大きく傾けてしまうのでメダカに負担がかかります。特に小さな容器で飼育している場合は、特に水質が酸性に大きく傾いてしまうので要注意です。

私の住む地域では酸性雨というほどの雨は降らないので、水質によりメダカが亡くなることは現在ありません。地域によっては酸性雨が降りますので、一度は雨水を調べてみるのもよいかもしれません。

水があふれる(オーバーフロー)

飼育容器に水が大量に混入することで水が溢れ出る(オーバーフロー)可能性もあります。水位が高いとメダカが飼育容器より外に飛び出してしまい最悪の場合はメダカが亡くなってしまうこともあります。雨水を餌だと思うメダカも一定数いますので、そのようなメダカがいる場合は特に注意が必要です。屋外での飼育はオーバーフロー対策は必ず必要です。

針子や稚魚はすぐにあふれて流れ出てしまいます。ここが雨で一番注意するべきことでしょう。

グリーンウォーターが透明化

雨水でグリーンウォーターが透き通ったり、グリーンウォーターが茶色く変色したりすることがあります。大量の雨水の混入で植物性プランクトンの死滅が原因としてあげられます。

晴れの日が数日あればすぐにグリーンウォーターに戻りますのであまり気にしなくて大丈夫です。

日照時間の減少

曇りの日が多いとメダカも元気がなくなります。可能な限り太陽の光をもらえるような位置が望ましいです(メダカは明るい場所が好きで体調もそうですが産卵にも大きな影響を与えます)

また極端に光を遮る日が続くと、水カビ病などにもなりやすくなります。病気にかかってしまうと治りにくいのも現状です。

さらに日が当たらないと成長も緩やかになり、痩せたメダカになりがちです。余裕がある時は、日に当てて健康なメダカを飼育できる環境を整えてあげましょう。

雨水対策

雨水対策一覧
  • 屋根の下に設置
  • 毛細血管現象とサイフォン現象を利用
  • 飼育容器に穴を
  • 簾(すだれ)を乗せる
  • 蓋やカバー
  • 飼育の水を減らしておく
  • メダカ飼育用の屋根を作成

大きくこの7つが代表的な方法になります。

屋根の下に設置

私自身が実践している方法で一番のおすすめ方法は屋根や軒下に飼育容器を設置することです。

大雨対策として雨が直接降り込まないような場所です。例えば軒下などの屋外ですが、雨をしのげるような場所に屋外水槽を設置することで直射日光を避ける(または日が当たる時間が短くなる)ことができることもできます。

夏場の直射日光対策とゲリラ豪雨対策にもなり一石二鳥です

チャコラ

費用が0円でできる対策!

毛細血管現象とサイフォン現象を利用

屋外に置いている飼育容器は、雨が降ると雨水によってオーバーフロー(水があふれること)します。メダカも雨水と一緒に外の世界に飛び出してしまう可能性もあります。

対策としては、画像のように飼育容器の淵にスポンジや雑巾や軍手などの布を洗濯バサミを使って、固定することです。毛細管現象とサイフォン現象によって水が外に自動で排出されます。

チャコラ

この方法なら費用は安く済よ!!

長く続く梅雨時期や大雨・ゲリラ豪雨などには対応できませんのであくまでも普段の雨対策に使用しましょう

詳しく気になる方は、こちらの動画がおすすめ

サラダ

ごめんなさい・・見た目が悪すぎます・・

チャコラ

そんな人には、水位の見張り番がおすすめ!!

スドー 水位の見張り番
画像引用:株式会社 スドー
製品名水位の見張り番(大)
販売会社株式会社 スドー
価格¥880(本体価格 ¥800)
本体寸法約35×6×180mm
POINT見た目を悪くしない

\ 水位の見張り番(大) /

飼育容器に穴を

大雨時やゲリラ豪雨で飼育している水が容器から溢れてメダカや針子が流されないための対策として水抜き穴がある水槽の使用という方法があります。針子よりも小さい穴を開けて雨水が流れ出るようにします。穴のサイズは3〜4mm程度が一般的に多く稚魚の流出ほとんどは防げるようです。

デメリット
  • 初心者には実践しにくい
  • 工具が必要
  • ある程度のDIYの技術も必要
  • 穴を開ける手間
サラダ

女性にはできないよ・・

チャコラ

そんな時は、最初から穴あきの容器がおすすめ!!

ジェックス メダカ元気 メダカのための飼育箱 黒350 黒
画像引用:ジェックス株式会社
製品名メダカのための飼育箱
販売会社ジェックス株式会社
価格オープン
本体寸法幅35.5×奥行21.5×高さ20cm
POINTサイズや色もメダカに最適

\ メダカのための飼育箱 /

簾(すだれ)を乗せる

簾(すだれ)を乗せて置くだけでも、雨の侵入を抑える効果があります。この簾は、 昼間や夏場などに飼育容器への直射日光を遮り飼育水の温度上昇を抑えることもできます。

長く続く梅雨時期や大雨・ゲリラ豪雨などには対応できませんのであくまでも普段の雨対策に使用しましょう

サラダ

100円均一にもあるから、ひとつだけ持っていてもいいね!

蓋やカバー

飼育容器に蓋やカバー・ビニールシートをかけることも雨対策としては可能です。

雨が降りそうな時や天気予報で雨が降りそうな場合には飼育容器に蓋やカバーをかけておくことで雨水の混入をシャットアウトすることができます。

デメリット
  • 急な雨に対応できない
  • 見た目がやや悪い
  • 毎回毎回の手間がかかる
  • 容器が多い場合は蓋に費用がかかる
  • ビニールシートは外す際に容器を倒す危険性がある

など雨を防ぐには良い方法ですが、やや欠点が多いかもしれません

チャコラ

他の方法と組み合わせるといいね!!

サラダ

蓋ってありますか?

チャコラ

クハラ めだか飼育用ケースがいいよ!

めだか飼育用ケース 黒発泡スチロール
引用:株式会社クラハ
商品名めだか飼育用ケース
黒発泡スチロール
希望小売価格
水容量10リットル
サイズ幅38.2×奥行27.7×高13.4cm
材質発泡スチロール

温度の保温性が高いため、急激な温度変化にも耐えられます。また越冬にも使用できる優れもの

軽量で軽く持ち運びが簡単ですが、衝撃に少し弱いとことが難点です。

\黒発泡スチロール/

飼育の水を減らしておく

大雨が予測される場合、事前に水を減らしておくという方法があります。
アクアリウムショップなどは屋内水槽用ですが様々な排水用ポンプが販売されています。また最近は100円ショップでも排水ポンプは販売されているため低価格で購入できます。ポンプを一つでも用意をしておけば排水がとても簡単になります。

デメリット
  • 雨が降り始めると雨の中の作業になる
  • タイミングを図る必要がある
  • メダカに必要な水量を下回る可能性がある
  • 多くの雨水が入り少ない水だと雨水で酸性に傾く
チャコラ

簡単にできる対策だけど、急な雨には対応できないよ!

メダカ飼育用の屋根を作成

大掛かりになりますが、メダカ飼育容器の上に屋根を作ることで雨を防ぎ、日光の調整をすることは可能です。

メリット
  • 見た目がいい
  • 雨対策と直射日光対策が両方できる
  • 飼育が楽しくなる
デメリット
  • 工具や技術が必要
  • 費用もやや高め
  • 大きくなると時間がかかる
サラダ

作るのは無理だよ〜!

チャコラ

それなら『タカショーのビニールハウス』が安くておすすめだよ!

ビニール温室 フラワースタンド用 
引用:株式会社クラハ
商品名ビニール温室
フラワースタンド用
希望小売価格
構造組み立て式
サイズレギュラー
幅96cm×奥行70cm×高さ111cm
重量1,7kg

ビニールハウスの構造なため、保温効果+屋根があるためメダカに最適です

サイズも大きすぎないため、庭やベランダに最適です。

\ビニール温室 フラワースタンド用 /

サラダ

これなら、快適にメダカを飼育できそう

チャコラ

役に立ててよかったよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる