【悲報】放射線技師の定年退職後はマジでやばい。定年退職後の再就職・再雇用問題

当ページのリンクには広告が含まれています。
PR

あんまり考えたことないけど、放射線技師って定年の時どうなるんだろう・・。再雇用が一般的?

ずっと働き続けることは可能なのかな?

放射線技師の定年退職ってどうなの?65歳以降はどうなるのか気になる。そんな人も多いのではないでしょうか?

一般的に放射線技師においても他のサラリーマンと同様に一定の年齢に達するとと定年退職をすることにまります。つまり現役を引退するとゆうことです。

今回の内容
  • 放射線技師の定年退職の現状
  • 放射線技師の定年後がやばい理由
  • 放射線技師が定年後に悩まないために今できること
スクロールできます
おすすめ転職サイト特徴料金評価転職サイト

レバウェル医療技師
放射線技師専門の転職支援
給与交渉
待遇交渉
LINEで相談可
無料98公式サイト

medicoエージェント
公開求人業界最多
放射線技師専門の転職支援
履歴書・面談対策
医療業界に強い
無料97公式サイト

放射線技師人材バンク
全国対応可
給与交渉
待遇交渉
ライン相談不可
無料95公式サイト

リクルートエージェント
業界最大級の非公開求人数
企業に就職したいなら最適
充実した転職サポート
病院は少ない
無料93公式サイト

アーシャルデザイン
放射線技師から異業種へ
未経験分野に挑戦
病院求人はない
無料97公式サイト
転職サイト比較
目次

【悲報】放射線技師の定年退職後はマジでやばい。定年退職後の再就職・再雇用問題

放射線技師って定年を迎えたらどうなるんだろう・・

現在20〜30代の現役の放射線技師が定年について考えることはほとんどないことでしょう。

しかし40〜50代・60代になると少しずつ定年について考える機会も増えていくことかと思います。

では実際に定年後の放射線技師の現状や雇用延長について解説していきます。

放射線技師の定年時期

2021年4月1日に施行された、改正「高年齢者雇用安定法」では、65歳から70歳までの労働者の就業機会を確保することが明記されています。「70歳までの定年引上げ」もしくは「70歳までの継続雇用制度」などの措置を講ずる努力義務が新設されました。

つまり放射線技師においても同様に現状は65歳まで雇用継続が義務となっていま。しかし法改正により、将来的には放射線技師も70歳まで働けるようになることが予想されます。

\70歳までの雇用確保/
 ※以下のいずれかの措置を講ずる努力義務

  • 70歳までの定年引き上げ
  • 定年制の廃止
  • 70歳までの継続雇用制度(再雇用制度・勤務延長制度)の導入
  • 70歳まで継続的に業務委託契約を締結する制度の導入
  • 70歳まで継続的に以下の事業に従事できる制度の導入
      a.事業主が自ら実施する社会貢献事業
      b.事業主が委託、出資(資金提供)等する団体が行う社会貢献事業

参考:「高年齢者雇用安定法 改正の概要 ~70歳までの就業機会の確保のために 事業主が講ずるべき措置(努力義務)等について~ |厚生労働省」

放射線技師の定年の現状

引用:一般社団法人 定年後研究所

放射線技師は現状定年を迎える年齢になると4つの選択肢があると言われています。

定年後の選択肢
  • 再雇用
  • 再就職
  • 起業
  • 完全引退

放射線技師の多くの人が再雇用を選択すると言われています。

一般社団法人 定年後研究所のアンケート結果によると65歳以降の理想の働き方として、7割が同じ会社で働くことを望んでいます。理由としては、『慣れ親しんだ職場が良い』『安定した給料が欲しい』『現状を変えたくない』など様々な理由が挙げられました。放射線技師においても同様のことが言えるでしょう。

放射線技師の再雇用後の働き方

放射線技師として再雇用・雇用延長を行なった場合はどのような働き方になるでしょうか。想像してみてください。

事務作業を継続するのかな?それとも指導者・・?

役職を抜けただけで、働き方は変わらないんじゃないかな・・?

管理職・非管理職に関わらず定年後は一般職になります。つまり基本的には重要な会議には参加することはありません。

そのため再雇用後の働き方は施設にもよりますが、後輩の育成や最前線で働くことになることが多いことが予想できます。

定年退職後の放射線技師がやばい理由

サラダ

放射線技師って定年後は、かなりヤバいって知ってた?

放射線技師の定年後は実は、結構危険なんです。何も考えずに気がついたら定年を迎えた場合、本当に後悔することになります。放射線技師の定年後はどんなことがやばいのか解説していきます。

定年後の再就職は厳しい

放射線技師が定年後に他の施設での再就職は、ほぼ無理です。100%絶対に無理ではありませんが、ハローワークなどを通しての求人はほぼ不可能です。

ただでさえ求人数が少ない放射線技師においてさらに年齢が高齢となると再就職は厳しいことが誰にでも予想できます。

どうしても再就職がしたいとゆう人は、放射線技師専門の転職エージェントに相談することを強くおすすめします。

\ 放射線技師専門の転職エージェント /

定年後は、一般職として最前線で業務

定年後は最前線で働くことが多くあります。若手の放射線技師と一緒に撮影業務やポータブル撮影・OPE室での外科用イメージ操作など体力が必要な業務をすることになります。

サラダ

65歳・70歳になってから一日ずっと一般撮影・ポータブル・救急撮影はきついよね・・

事務作業や定年前と同じ仕事ができると思話ない方が無難です。

\ 放射線技師専門の転職エージェント /

下の世代から邪魔者扱いを受ける

部署内に高年齢の放射線技師が増えると、仕事における世代交代のタイミングが難しくなり、若い世代のモチベーションが削がれるおそれがあります。

自身の定年後に、邪魔者扱いされることが多いのは知っておきましょう。

\こんなパターンもあるよ/

技師

定年退職後は、最前線で働いてほしい。しかし実際は座ってばかりいて迷惑で下に示しが使いない。

技師

定年後には、職場に在籍されていては仕事がやりずらい。命令や指示をしにくいので退職してほしい。

このように自身の同僚から煙たがられる存在になってしまう可能性もあります。

放射線技師が定年後に困らないためにできること

放射線技師が定年後に困らないために今からできることを紹介していきます。

放射線技師に限らず全員が定年までにしておくべきことがあります。以下は一部の例です:

  1. 貯蓄のための計画の確立:定年後の生活費のために十分な貯蓄を準備することが重要です。
  2. 退職金の利用計画の確立:退職金を最大限に活用するために、資産配分や投資の計画を確立することが大切です。
  3. 健康管理:健康な生活スタイルの維持や、健康診断などを受けて、健康状態を確認することが大切です。
  4. 退職後のキャリアプランの確立:退職後にも仕事を続けたい場合や、新しいキャリアをスタートするための計画を確立することが大切です。
  5. 社会的なサポートの確保:定年後には、家族や友人とのコミュニケーションを維持したり、新しい社会的な関係を築くことが大切です。

これらのことを考慮し、定年までに予め計画を立てておくことが大切です。

定年後の働くスタイルを早めに決めておく

定年後に働く予定がある人は事前に働き方を決めて行動しておくべきです。

定年の1年前に再雇用を決めていては遅すぎます。再雇用として働くと、以前は部下であった人が上司になることになります。

つまり事前に職場の環境や人間関係に問題がないか、後輩の指導をおそろかにしていないかが重要になってきます。しっかりとした技術や後輩から慕われるような行動をするだけで、周りや同僚や部署内からも雇用延長を進めてくる可能性もあります。

起業や再就職にしても事前の準備なしには、失敗する確率が高いです。遅くとも50代のうちには定年後の働き方を決めておきましょう。

指導者としての道を目指す

放射線技師として十分に知識を持っている自身や人に教えるのが得意と感じる人は指導者としての道もあります。

再雇用で指導者になる道もあれば、別の施設で指導者になる道もあるでしょう。

それには、高い知識や豊富な経験が必要になってきます。放射線技師の技術だけでなく、人間性や社会性・横のつながりも特に大切になってきます。

放射線技師以外の稼ぐスキルを身につける

放射線技師以外に稼ぐスキルを身につけておくことは、とても重要です。

人生100年の時代とも言われています。こちらの著書:【スタンフォード式】世界一やさしい パラレルキャリアの育て方にも複業を行い人生を乗り切ることが重要と書かれています。

つまり放射線技師だけが稼ぎ口ではなく、複数の収入源・収入方法を確立していくことが今後は重要になっていくことでしょう。

転職サイトに事前に相談しておく

年齢を重ねるほど、転職サイトへの不信感は高くなっていく傾向にあります。昔ながらの転職方法や自分の知っている方法でのみ転職活動を行いがちになります。

放射線技師の転職は、ハローワークだけでなく、転職サイト・転職エージェントを上手に利用して転職をするのが良いとされています。

定年直前ではなく、事前に登録をしておくことで有益な情報や自分にとって良い条件の求人が早く見つかる可能性も広がります。

\ 放射線技師専門の転職エージェント /

レバウェル医療技師

チャコラ

厚生労働大臣の認可を受けた放射線技師の専門アドバイザーが無料で転職をサポート!!

こんなところがおすすめ

LINEで気軽に相談できる!!

給料の交渉や勤務時間交渉も代行で行ってくれる!!

なんと転職のサポートに費用はかかりません!!

\ 公式サイト /

目次