副業をして老後2000万円問題を解決

  • URLをコピーしました!

老後2000万円問題はみなさんご存知の方も多いかと思います。今回はその老後2000万円問題の解決策のひとつをご紹介します。お金の心配や老後の心配をしている方は多いのではないでしょうか?今回はそのお金と老後の問題を解決できるメダカ副業を紹介します。

目次

老後2000万円問題のきっかけ

そもそも老後2000万円問題とゆう言葉のきっかけは何かご存知でしょうか?きっかけは、2019年6月3日に金融庁の金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書 「金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書」を発端として始まりました。

「公的年金だけでは、老後2000万円が不足する

この言葉だけ聞くと様々な不安や怒りなどの感情を抱くと思います。

国民の怒りは爆発し、日比谷公園でデモ活動が行われたほど大きな問題となりました。

2000万円の算出方法

そもそもこの2000万円はどのように算出されたかご存知でしょうか?どのような根拠をもとに提示されたかを先ずは知る必要があります。

夫の年齢が65歳以上・妻の年齢が60歳以上の無職夫婦の世帯で毎月の年金生活は年金だけでは平均約5万円ほど不足します。その生活を20年から30年続けた場合に不足金額の合計は1300万〜2000万円になるとゆう単純計算で出された数字になります。

退職後の高齢世帯の夫婦の収入の平均は毎月20,9万円支出の平均は毎月約26,4万円です。つまり毎月約5.4万円が不足することになります。毎月約5万円ほどの不足分が30年継続すると2000万円必要になるとゆうことです。

さらに注意すべきは、毎月の収入の平均20,9万円は公的年金(国民年金・厚生年金)を受給を考慮した金額という点です。つまり公的年金とは別に、自身で2000万円を老後を迎える前に準備する必要があるとゆうことです。勤めている人の場合は「国民年金・厚生年金+不足の2000万円分」を老後のためにお金を用意していく必要があるのです。老後のために多くのお金を計画的に準備・用意していく必要があります。

老後資金作りの鍵

老後の2000万円はかなり大きな金額になります。

老後の資金作りの鍵

  • 時間
  • 副業
  • 国の制度

この3つを全て組み合わせることで、老後の2000万円問題を解決することができます。

時間

老後に必要な2000万円を一気に用意できる人はかなり少ないと思われます。そこで可能な限り若いうちから準備することで、毎月の準備するお金を少額にすることができます。50歳頃から2000万円を用意するのと20歳から用意する場合では、3倍以上の金額の差が出ます。若いうちに時間を賢く利用するべきなのです。「今日が人生で一番若い日です」時間を利用して少額から準備していきましょう。

図でわかるように預貯金で老後資金を準備した場合ですが、20歳から貯金をした場合4,2万円を毎月貯金することで40年間で2000万円を貯めることができます。しかし50歳から貯金した場合毎月16,7万円の貯金が必要になります。この数字を見てわかるように時間とゆうのは最大の武器になります。時間は戻すことはできません。今日この記事をきっかけに老後資金の準備に取り掛かりましょう。

副業

老後に2000万円貯めるには貯蓄の場合だと40年かけて貯蓄するとしても毎月4,2万円も貯蓄する必要があります。毎月4,2万円を老後のために40年間ずっと給与からの収入のみで貯蓄を続けるのはかなり厳しく難しいのです。現在日本は一昔前とは異なり企業による終身雇用が難しい時代に突入したと言われています。つまり本業の収入すら安定して貰い続けることが難しい時代になっていくのです。副業によりさらに収入を安定させる必要がある時代が来ています。

さて、人生の3大支出をご存知でしょうか?

人生の3大支出は

  1. マイホーム
  2. 教育
  3. 老後資金

この3点になります。副業の収入で老後資金の貯蓄を行うことで、生活水準を落とすことなく老後資金を貯蓄すことができます。

令和に突入し様々な企業が副業を解禁しました。副業が当たり前になる時代がすぐそこまで来ています。携帯でできる副業からパソコンで本格的なプログラミングの副業まで様々な副業が存在します。

あとで記載しますが、私はメダカの副業を推奨しています。理由は多くありますが、誰でも簡単に開始することができます。副業を開始することで老後の人生を良くすることに繋がります。

国の制度

老後資金作りを開始するにあたり「毎月の貯蓄金額」・「貯蓄方法」「貯蓄型生命保険」など様々なことを検討する必要があります。様々な項目を検討する時に3つの項目を決めるとスムーズに貯蓄方法や金額を決定することができます。

  1. 目標金額の設定
  2. 貯蓄可能期間
  3. 税制優遇の利用(国の制度)

 1.目標金額は2000万円を目標とすることを推奨します。かなり多い金額に感じますが、近年平均寿命はどんどん伸びています。今後日本人の平均寿命は医療の発達により100歳を超えていくことが予想されます。長生きに対するリスクとして多めの金額を設定すると良いでしょう。

 2.貯蓄可能期間は「65歳-現在の年齢」にすると良いでしょう。今後は定年制度も廃止され、65歳を超えても働く人口は増加することでしょう。そのため、今から65歳から年金の不足分を補うように貯蓄を行なっていれば将来貯蓄がなくなるリスクを最小限に抑えることができます。65歳以降に働いていれば、貯めた2000万円は切り崩す必要はありません。余裕資金として旅行も行くことが可能になります。

3.税制優遇(国の制度)の利用をするとゆうことです。老後資産を準備する方法はたくさんあります。

  • 預貯金
  • 貯蓄型生命保険
  • 財形貯蓄
  • 暗号資産
  • ideco(確定拠出年金)
  • つみたてNISA
  • 企業年金基金

などたくさんの方法があり、どの方法で貯蓄して2000万円を貯めるか悩む方も多いかと思います。一番良い方法としては、確定拠出年金制度の利用です。拠出分は、所得控除の恩恵を受けることができ節税効果の高い制度になります。自身で年金を資産運用して年金を増やすことが可能になります。投資と聞いて怖くなる方も多いかと思いますが、時間を味方につけることで損失の可能性は限りなく低くなります。

金融庁つみたてNISA早わかりガイドブックより画像の抜粋

金融庁のホームページの画像を見てもわかる通り、投資信託を長期で保有することで元本割れのリスクは低減します。さらに元本より増えている可能性が高くなるのです。

なぜ推奨がつみたてNISAでなくideco(確定拠出年金)なのかと言うと、idecoは基本的に老後まで引き出すことができません。つまり長期保有が絶対条件になるためです。私生活で必要になる可能性のある車やマイホーム資金とは別にして、お金を引き出せない環境下で老後資金を貯蓄することが大切だからです。

なぜ現金での貯蓄を推奨しないかというと現金だと先程説明したように20歳から現金貯金を40年間した場合4,2万円を毎月貯金することで2000万円になります。現在の低賃金の日本の労働環境下で20歳から老後のために毎月4.2万円の貯蓄は難しいでしょう。時間の有利を利用しても現金だけでは限界があります、そこで投資信託の力と時間の力を利用します。40年間投資信託を保有し年利5%で運用すると毎月1.3円万円の投資で40年間で2000万円を用意することができます。

現金貯蓄とidecoでは毎月2.9万円もの差があります。20代の頃の2.9万円の差はかなり大きいはずです。時間と投資の複利の力を利用したidecoで2000万円貯めることを推奨します。最近では金融庁も国民に対し投資による金融リテラシーの向上を掲げています。

メダカ副業で2000万円問題を解決

老後の資金作りの鍵として

  1. 時間
  2. 副業
  3. 国の制度

の3つを挙げました。この3つを組み合わせることで老後資金2000万円を準備することが安全かつ簡単になります。

国の制度(ideco)を早く始め時間を味方につけることで安全に資産を増やすことができます。さらにidecoの種銭(資金)を副業で賄う(まかなう)ことで3つを組み合わせることが可能になります。

メダカ副業推奨の理由

理由としては

  • 継続しやすい
  • 簡単に始められる
  • 少額なら誰でもできる副業
  • 時間の制限がない

などが理由として挙げられますが、一番大切なことは継続しやすいとゆう点です。様々な副業がありますが、老後資金の準備には一番適しているのではないでしょうか。40年間継続して副業を続けることはかなり難しいです。簡単に開始でき、低リスクな副業として有名なブログ・アフィリエイトは収益化までの時間が長く、Googleアドセンスなどの審査に通らないなどの理由で途中で脱落したり、書くことがストレスになり辞める人が大多数です。しかしメダカ飼育は継続がしやすいことが特徴として挙げられます。

趣味のひとつとして副業を継続することができます。また老後の資産形成のためであれば少額の収入だけでいいので、メダカの数も少数でできます。また時間・場所も大きく必要としません。趣味の範囲として継続も簡単になります。

65歳以降にも最適

メダカ副業の利点として年齢制限はありません。ゆっくりと自分のペースで飼育することができます。老後引退しても趣味としてメダカを飼育しつつ副業としても安定した収入を得ることができます。プログラミングやWebデザインのように難しいスキルや新しい知識を保ち続ける必要もないので、退職後も副業を継続できます。

また趣味としてメダカを飼育することでメダカ仲間との交流も増え、老後の楽しみのひとつとなるでしょう。現在ではSNSも発達してきているので容易にメダカ仲間と交流することができるようになっています。

まとめ

メダカの副業が老後2000万円問題を解決する理由を解説しました。

大切なことは

「時間+ideco+メダカ副業」

になります

この3つを組み合わせて快適な老後を送れるようにすぐに行動しましょう。今日が一番若いとゆうことを覚えておいてください。時間は戻ってはきません。時間とゆう最大の武器をなるべく早く使い効率よく老後資金をためていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる