メダカの市場価格の変化

  • URLをコピーしました!

メダカ市場の現状を徹底解説していきます。今後メダカの副業が儲かるのか気になる方は必見の内容となっています。今後メダカ今回はメダカ副業の現状について紹介していきます。メダカ副業を始めたい方や始めるか悩んでいる方へのメダカ副業を始めるきっかけになると思います。

目次

メダカ副業とは

メダカ副業とは、簡単に言えばメダカを育てその卵や稚魚、生魚を販売することです。販売方法も近年では様々あり、路上販売や道の駅、最近ではインターネットでも販売することが可能です。商品となるメダカの仕入れは最初の親となるメダカの購入のみで、あとは維持・繁殖にかかる費用のみで販売ができます。

開始の簡単な流れは

  1. 飼育スペースの確保
  2. 飼育の事前準備
  3. 親メダカの購入
  4. 親メダカの産卵
  5. 卵〜稚魚の販売
  6. 生魚の販売
  7. 次期の親メダカを選別

このサイクルになります

詳しくはメダカ副業の始め方の方をご覧ください。

市場の現状

最近は芸能人のマツコさんの番組でも取り上げられるほどメダカブームと言われています。メダカのブームはすぐに収束する・メダカバブルはすぐに終わるなどと言う方もいます。しかし私はそんな風には思いません。なぜならば、10年ほど前からメダカブームと言われていたそうです。その当時からずっとダカのブームはすぐに収束する・メダカバブルはすぐに終わると言われています。つまりメダカは基本的にある程度のニーズと需要があることがわかります。メダカのブームの時だけ需要が増えると言うよりは、メダカの趣味がかなり普及し広まったため、メダカの需要がある程度確立し、メダカ市場が安定してきていると言えます。

メダカ市場が安定している現在では、多くの個人メダカ専門店も増えてきています。最近日本にメダカ専門店が増えるのはメダカ単体での需要が高いことが理由のひとつとして挙げられます。

今後もさらにメダカ市場は拡大していくと予想されています。

  • 在宅でできる趣味として普及
  • 改良が進み綺麗なメダカに魅了される人の増加
  • ラメ系メダカによる女性の飼育者の増加

など様々な要素が関係しメダカ市場は拡大していくことでしょう。

このメダカ市場を会社員や医療従事者もビジネスとして利用し、副業の選択肢のひとつとして考えるべきではないでしょうか?

市場価格変化

現在では10年前とは異なりメダカにも様々な品種や種類が出てきましました。メダカのブリーダーと呼ばれている方や趣味や副業としてメダカを交配させ、より美しく綺麗なメダカを生み出していることが理由のひとつとして挙げられます。さらにメダカは個人でも簡単に交配ができるため、メダカを飼育する人も増えたこともあり、10年の時間をかけ徐々に改良が進んだことも理由のひとつとして挙げられます。

ひと昔前は、楊貴妃メダカが赤く綺麗で値段も他の品種のメダカより高価でしたが、現在では価格も落ち着き、今ではそこまで高い品種のメダカではありません。

最近はよくYouTube等で楊貴妃メダカは、高値で売れるなどの投稿を見ます。しかしながら現在では、楊貴妃メダカの繁殖が簡単なこともあり日本全国のメダカ愛好家の方達への普及も進み需要が低く、価格も以前と比較してもかなり安価になっています。

メダカ市場にもブームや流行があるのはご存知ですか?先ほど書いているように10年前は楊貴妃メダカがブームとなり価格も高騰していました。楊貴妃メダカなどのようにメダカ市場にも流行やブームが存在します。その市場の流れを上手く乗ることが出来ればメダカの副業も上手く軌道に乗せることができるでしょう。

このメダカ市場の流れや流行の品種や種類を知るためには、SNSは欠かせないものとなります。メダカの販売情報は基本的にWebよりもSNSの方が圧倒的に有利になります。

SNS情報収集の注意点

・情報量が多すぎる

・写真の加工・盗用

誤った情報

などいくつかSNSで情報収集をする上で注意も必要ですが、気をつけて利用していけば良いツールの一つとなりますので、是非積極的に活用し、市場の流行と価格の情報収集を行いましょう。

今流行りの品種と需要の高い品種

ここで気になってくるのは、需要の高く高価な品種のメダカになります。特に素人からメダカの副業を始める方はどんな品種が需要が高く、流行っているのか全くわからないかと思います。YouTubeやWeb上には若干古い情報や実際にメダカの副業をしていないであろう方の記事が多くあります。

そこで私が2021年最新版の価値と需要の高いメダカを発表します。メダカ副業を開始予定の方や現在なかなか利益や回転率に困っている方の参考になればいいと思います。

需要の高く価格の高いメダカ

  • だるま系メダカ
  • ラメの強い品種(サファイア・王華・月華)
  • ヒレの長い品種
  • 3色の錦系品種(3色ラメなど)
  • 有名ブリーダー発祥メダカ
  • 有名店発祥のメダカ

などの5つの種類のメダカが需要が高く現在では価値の高い品種と言えるでしょう。

5つの項目を満たすほど、需要は高くなり価値も高くなっていくのです。需要のある項目さえ理解していれば確実に儲かる方法は確立しつつあるのです。

注意点

・固定率による普及スピードの問題

・全ての項目を満たすのは、かなり厳しい

・需要の高いメダカの繁殖はやや難しい

まとめ

今回はメダカ副業の現状について投稿しました。メダカ市場は今後もますます拡大し、広がりを見せていく分野と思われます。日本全体としても高齢化が進み、引退後に趣味としてメダカを飼育する方も増加すると思われます。

さらに近年では、新型のウイルスが話題となり在宅でできる趣味にも注目が集まってきています。この様々なことが要因となりメダカブームは終わるどころか加速すると私は考えています。

あなたもメダカを副業として飼育するだけでなく、趣味として飼育してみるのもいいかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次