医療従事者が起業する方法 医療従事者が独立できる業種はこれしかない!!

  • URLをコピーしました!

正社員として、もしくは非正規雇用として病院に雇われているが今後の人生で起業したいけど、アイデアや勇気がない・このまま働いていても明るい将来が想像できない医療従事者は近年増えてきています。医療従事者において、起業とはかなりハードルが高く遠い場所に位置しています。

しかし実際に医療現場で働いていると医療従事者の離職率は高く転職するスタッフが案外多いと感じます。医療従事者は起業したくてもなかなかできないポジションに立たされていると私は感じています。

そこで今回は医療従事者が起業するひとつの方法としてメダカの副業を取り上げてみたいと思います。

こんな人におすすめ
  • 会社員としてそろそろ嫌になってきた
  • 起業したいけど、アイデアが浮かばない
  • スキルや人脈が必要ないけど起業したい
目次

はじめに

悩み
  • 使い捨てにされる医療従事者に疲れた
  • 狭い人間関係が嫌だ
  • 医療以外の仕事をしたい
  • 病院にとらわれたくない

今回の記事はこんな4つの悩みを抱えている人に是非読んでほしいと思っています。

医療従事者の方は毎日の業務の多忙さに疲弊している方も多いのではないでしょうか。また病院とゆう閉鎖的な環境で働く医療従事者は職場内の人間関係や上司との関係が悪化した場合逃げ場がないことが多々あるように感じます。個人病院や老人ホーム、クリニック等の小さい病院・企業の場合は部署や人事異動がないこともあると思います。

転職も選択肢のひとつですが、私は、医療従事者も起業することを選択肢にいれるべきだと考えています。

医療従事者の現状と起業への障壁

医療従事者として働いている方の多くはやりがいと責任を持って働いている方が多いかと思います。それと同時に多くのストレスを感じながら働いています。責任だけを押し付けられ、安い給与で働いている思う人は多いはずです。私もその中の1人です。

医療従事者の現状
  • 給与カット・ボーナスカット
  • 離職率が高い
  • 災害時に仕事に行く必要がある

まさに、やりがいの搾取と言う言葉がピッタリな現状にあります。

また医療従事者は高い専門性を有していますが、病院以外では仕事をすることが難しいと言われています。新規参入や起業への障壁が医療業界は独特で国家資格を有していても医師以外が起業することは、かなり難しいとされています。

医療従事者が起業すべき理由

医療従事者として病院で働いている毎日はどうでしょうか。

医療従事者は他の会社員よりも時間に拘束されることが多く時間に対する不満が多く見られます。急患や急変がある可能性・緊急の検査や予約外の検査など予測できない状態に備え休憩時間でも病院内に拘束されることも多いかと思います。

  • もっと自由に休みが欲しい
  • 休憩中は外でランチがしたい
  • 子供の帰りを待っていたい
  • 長期休暇で気軽に旅行に行きたい
  • 海外に移住や田舎に移住
  • もっと多くの給料が欲しい

などの希望や願望を持つ医療従事者は多いのではないでしょうか。この全てを満たす可能性があるのは、起業するしかありません。転職でこの全てを満たす可能性はかなり低いです。特に医療従事者である以上は時間に融通がききにくいのが現状です。

医療従事者が起業する時の悩み

医療従事者の多くは国家資格を用いて働いているかと思います。

代表的な医療従事者
  • 医師
  • 薬剤師
  • 看護師
  • 臨床検査技師
  • 臨床工学技師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 診療放射線技師
  • 言語療法士
  • 介護士
  • 介護福祉士
  • 医療事務

この国家資格を用いて働く医療従事者の中で起業ができる職種の代表と言えば、医師になります。逆にその他の医療従事者は簡単には起業できません。国家資格を必死に取得しても医師の指示なしには、できないことが多いのが医療従事者です。全ては医師の指示を中心に仕事を行います。

看護師やコメディカルは国家資格を用いて起業することが難しい

実際に国家資格を用いて起業する例もあります。しかし人脈や経験が豊富など医療業界への起業は参入障壁がかなり高いことが知られています。さらに参入障壁が高いだけでなく何よりもアイデアが浮かびません。

  • 人脈も医療従事者以外の経験もない
  • 特技やスキルがない
  • 国家資格はあるけど、起業できる資格ではない

医療従事者で起業やフリーランスになりたいと考えている人は、全員この悩みの壁に悩むことでしょう。

そこで今回は、一つの提案として、メダカの繁殖で起業を提案しています。

メダカで起業

医療従事者だから国家資格を用いて起業する必要はありません。こだわる必要もないのです。豊富な経験や人脈を必要としないメダカの繁殖による起業を選択肢のひとつとして考えてみてください。

結論
  • 副業から小さく開始
  • 事務所や店舗が不要
  • 1人で開始できる
  • 年齢制限がない
  • 人脈・スキルが必要ない
  • 多額の資金は必要としない

起業の前に小さく副業から開始

医療従事者のメリットである一定の安定した収入を生かし、今の仕事をやりながらめだか副業始めていると言うことも可能です。 今この記事を読んでいる多くの方が、 現在病院で医療従事者として働いており、これから起業して自由を手に入れたいと思っている方が多いはずです。 メダカの起業は現在医療従事者として勤務していても、小さい規模の副業から始めることができます。

副業から開始する理由
  • 自分にあっているか検証できる
  • 成功できる可能性を副業で模索
  • メダカに関しての知識をつける
  • 安定したまま起業のチャンスを得られる

そして自分にメダカの飼育が合っている、楽しいと感じ、経営して安定した収入を得られる確信を得られた場合に医療従事者を引退しメダカ起業に切り替えましょう。

メダカの副業は医療従事者にとって相性がよく時間にも縛られず継続しやすいため、副業から開始して起業できる最適な選択肢となるでしょう。

起業に事務所・店舗は不要

メダカ起業には必ずしも事務所や店舗は必要ありません。現在ではインターネットも普及し、メダカもネット上で販売することができます。 実店舗を構えるのではなく、ネット上でのみ販売することで、全国に販売することができ何よりコストを抑えることができます。このコストを抑えることが医療従事者の起業においては重要です。もしも失敗して医療従事者として復職する場合に借金を背負うリスクがかなり抑えられるからです。

メダカの飼育や繁殖は、自宅の庭や室内・畑等でも十分できます

成功してから、場所を借りたり徐々にスペースを拡大する選択をしていけば良いのです。

メダカ起業は1人でできる

医療従事者は複数人、それも数十人から数百人のスタッフと連携しながら働いていくことが通常です。しかしメダカの起業は違います。まずは1人で開始することができます。さらにひとりで経営していくことが最適です。規模や利益を最大化させる場合には、従業員を雇う必要がありますが、ある程の収入であれば、1人で経営することができます。

1人経営のメリット
  • 時間に融通が効く
  • 給与設定も自由
  • 従業員の管理も必要ない
  • 有限責任になり、借金のリスクは低い
  • 固定費や人件費が最小限
  • 節税効果も高い

など1人でメダカ起業を経営すると多くのメリットもあります。

起業する時の年齢制限がない

メダカの起業には年齢制限はありません。また定年制度もありません。起業するには遅いと思っている年齢の方もメダカで起業することは可能です。自分が体力の限界と感じるまでは起業し継続することはできます。起業したいと思ったらすぐにでも小さく行動することが大切です。なぜならば、今日が一番あなたにとって若い日だからです。

病院で医療従事者として勤務すると現在は60〜65歳で定年を迎えます。年齢にとらわれない起業とゆう選択肢を一度考えてみてください。

定年後に趣味で飼っていたメダカを販売してお小遣い稼ぎをする人が多いのもメダカ繁殖ビジネスの特徴でもあります。

販売に人脈・能力は必要ない

起業と言えば人脈こそが最大の難点と考える方も多いのではないでしょうか。メダカの起業にはこの能力と人脈は必要ありません。必要ないとゆうのは、全くいらないとゆうことではありません。必要最小限で大丈夫とゆうことです。

医療においては、能力が高く知識が高い人ほど評価されます。メダカの起業や経営においては少し違ってきます。能力よりも継続こそが大切です。毎日毎日地道に継続しすることが重要となります。能力を高めることよりも継続することが難しいことは、簡単に想像できるはずです。継続できる力さえあれば、誰にでもメダカ起業はできるのです。

メダカを開始して、継続して販売していくことで自然とメダカ界隈の人との人脈は広がっていきます。

起業する場合に多額の資金は必要ない

起業と言えば、多額の資金が必要と考える人も多いと思います。医療従事者が資格を用いて起業する場合は大規模な資金と銀行からの融資が必要なことが多いでしょう。その分失敗した時のリスクは大きくなります。

メダカ起業において多額の資金は必要ありません。規模を大きく、年商1億や2億など超大規模を目指す場合は資金が必要となりますが、1人で起業し、従業員を雇う必要のない規模であれば多額の資金は費用ありません。大きな機械や装置、車や器具は必要ありませんし、ビルや店舗も必要ありません。初期投資は必要最小限でいいのです。

必要なもの
  • メダカ
  • 飼育物品
  • 飼育スペース
  • 販売する販路

この4つを準備するだけで起業への初期投資は完了です。あとは、自分の事業スタイルに合わせて時間をかけて資金を確保していけばいいのです。メダカのビニールハウスや店鋪が必要に感じたら、起業した後に準備すればいいのです。起業する最初の段階では、必要ありません。

メダカの起業は初期投資など必要ないことを理解しておきましょう。

まとめ

今回は医療従事者が起業できる方法のメダカ起業について投稿していきました。

メダカ起業のメリット
  • 副業から小さく開始
  • 事務所や店舗が不要
  • 1人で開始できる
  • 年齢制限がない
  • 人脈・スキルが必要ない
  • 多額の資金は必要としない

この点を踏まえても医療従事者にとってメダカ副業は最適解の一つになり得ることでしょう。まずは小さく開始・行動してみることから始まります。医療従事者のメダカ起業を選択肢の一つとして一度考えてみてください。

↓の参考書は様々なアイデアが載っていましたので、一度読んでみると世界が変わります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる