臨床検査技師の平均年収を調査 年収が低いと感じる時の3つの解決法

  • URLをコピーしました!

臨床検査技師を目指している学生や現役の臨床検査技師の人にとっては、世間の臨床検査技師が年収いくらもらっているのか気になることかと思います。

一般的に医療系の職業は安定していて、年収が高いイメージがありますが現実はどうでしょうか?

今回の記事では、臨床検査技師の一般的な勤務形態や平均給料、世代別・男女別による年収の違いを紹介していこうと思います。

目次

臨床検査技師の勤務形態と年収の関係

臨床検査技師の働く場所は様々あります。ほとんどの人が病院やクリニック・診療所などの医療機関で働くとされています。その他にも、治験や研究所・企業など臨床検査技師には多くの働ける場所があります。

臨床検査技師の雇用形態は、働く場所や施設など種類も豊富なことから雇用形態はさまざまです。

正社員・契約社員・パートタイム勤務など自身の働きたい働き方で働くことができます。

スクロールできます

正社員

契約社員

パートタイム
給料中〜多少〜多少〜中
昇給有・無少・無
ボーナス有(中〜多)有(少〜多)無(少〜中)
残業少〜多
夜間対応方法夜勤オンコールなし
休日数週2or月8~9週2or月8~9働き方による
休みやすさ休みにくいやや休みにくい休みやすい
やりがい
休日の勉強会多い(やや強制)少しある(やや強制)自由に決めれる
おすすめ度
求人を見る求人を見る求人を見る
の比較

臨床検査技師の高年収の職場を問い合わせる

臨床検査技師の平均年収

悩み

臨床検査技師の年収って調べると色々な年収が検索で出てくるけど、実際はどうなんだろう。

サイトによってバラバラで、どれが本当の臨床検査技師の年収かわからないです。

令和3年賃金構造基本統計調査によると、臨床検査技師の給料の全国平均は月給約33.8万円、年収にして約496万円ですまた、性別で見ると、男性の年収が約505万円であるのに対し、女性は約442万円となっています。

※出典:厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査

臨床検査技師サイト別平均年収

日本の調査では平均年収が約496万円となっていますが、サイト別ではどうでしょうか。

スクロールできます

男女平均

男性

女性

検査技師人材バンク
493万円未掲載未掲載

マイナビコメディカル
496万円505万円442万円

求人ボックス
355万円未掲載未掲載

スタディサプリ
468万円514万円449万円
サイト別 年収比較表

サイトによって様々な臨床検査技師の年収が報告されていますが、厚生労働省の賃金構造基本統計調査が基本になっていることが多いようです。

実際の臨床検査技師の年収のリアルは思っていたのと違う?!

臨床検査技師

基本給に加えて日勤、夜勤、当直、宿直、宅直全てを行っても30歳前後で一ヶ月の手取りが14万という総合病院もある。それが現実。
(引用:honne.biz

臨床検査技師の年収は、働いてみると実際に想像していた年収より低いことも多く、特に若い臨床検査技師は、想像以上に低い年収にショックを受けて転職を考える人も多いようです。

現実とサイトの年収に差がある理由
  • 中央値でなく平均値で掲載
  • 40歳以上の役職がある放射線技師の平均年収
  • 地域・性別・年齢で年収に大きく差がある
  • 調査した人数が少ない

など様々な理由が挙げられます。

チャコラ

簡単にわかりやすいように参考例をあげてみます。

一部の人が年収を押し上げていることがわかります。そのため、サイトでも平均年収が高く記載されています。

臨床検査技師の年収のボリュームゾーンは350〜450万円です。年収が350万円〜450万円の臨床検査技師が8割以上です。

チャコラ

若い臨床検査技師は、手取り18万〜25万の人がほとんどとゆうことになります。

年収をアップさせる3つの方法

臨床検査技師の年収ボリュームゾーンは350〜450万円とゆうことがわかりました。平均年収は、役職者や勤続年数が長い臨床検査技師などによって平均を押し上げられていることがわかりました。

【管理職や資格を取得する】【病院を転職する】【企業やメーカーに転職する】と言ったことも年収アップに繋がるでしょう。

以下ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

管理職や資格を取得する

一般的に管理職になれば年収は大きく上がると言われています。医療業異界では「技師長」や「室長」などとも言われ大きい施設や病院になれば「部長」などとも言われます。

ひと昔前までは、勤続年数が長い人ほど管理職になりやすいと言われ地ましたが、最近では能力の高い人や有資格者などを評価する流れになっています。若くて30代・通常では40〜50代で管理職になると言われています。

今の施設で早く年収を上げたいと考える場合は【管理職になる】そのために資格取得など自分自身の価値を高めていく必要があります。

【関連リンク】医療技師のお仕事(MT)で非公開管理職求人を探す

病院を転職する

今の病院で管理職になれる気がしない・ライバルが多いなど管理職になれる自信や管理職に就きたくない臨床検査技師も多いはずです。

そんな時は、病院を転職して年収をアップさせる方法が臨床検査技師には最も効果的と言われています。

今の病院で働き続けても年収が上がる見込みがない場合は、転職を一度考えてみましょう。

【関連リンク】医療技師のお仕事(MT)で非公開求人を探す

企業やメーカーに転職する

企業やメーカーに転職できるのが臨床検査技師の強みと言えるでしょう。

実際に似たような職業で診療放射線技師がありますが、臨床検査技師のように企業やメーカーに転職できる人は少なく、その点で言えば臨床検査技師は、年収を大幅にアップさせるチャンスは大きいと言えます。

就職すると、アプリケーションスペシャリストや治験コーディネーターと言われる職種で働くことになり、企業の事業内容に沿って研究や商品開発、営業を行います。大企業にもなれば年収1000万は目指せる可能性もあります。

しかし好条件で働くためには、臨床経験が豊富であったり、専門知識や有資格者などある程度のレバルガ必要ともされています。

【関連リンク】リクルートエージェントで企業・メーカー求人を検索

まとめ

臨床検査技師の平均年収は令和3年度厚生労働省の賃金構造基本統計調査では平均年収が約496万円となっています。

しかし年齢や性別・働く地域や職場・施設によって大きく年収は異なります。日本の臨床検査技師の平均年収は参考程度に考え自分の価値を高めることが重要になってくるでしょう。

臨床検査技師としてもっと自分の価値を高めたい・価値を知りたい場合は【ミイダス」など無料で自身の市場価値を診断してみてもいいかもしれません。

【関連リンク】医療技師人材バンクで臨床検査技師の求人を探す

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次