放射線技師の転職は『タイミングが重要』成功の鍵は転職タイミング!!

  • URLをコピーしました!

放射線技師の転職において、タイミングは非常に重要です。

実際、転職成功の鍵は転職タイミングにあると言っても過言ではありません。

射線技師の求人状況は常に変化しており、市場動向や求人数によって、転職時期によっては求人数が増えたり減ったりします。

この記事では、放射線技師の転職において、タイミングがなぜ重要か、どのような時期が転職に適しているか、また転職を成功させるためのポイントについて解説していきます。

スクロールできます
おすすめ転職サイト特徴料金評価転職サイト

レバウェル医療技師
放射線技師専門の転職支援
給与交渉
待遇交渉
LINEで相談可
無料98公式サイト

medicoエージェント
公開求人業界最多
放射線技師専門の転職支援
履歴書・面談対策
医療業界に強い
無料97公式サイト

放射線技師人材バンク
全国対応可
給与交渉
待遇交渉
ライン相談不可
無料95公式サイト

リクルートエージェント
業界最大級の非公開求人数
企業に就職したいなら最適
充実した転職サポート
病院は少ない
無料93公式サイト

アーシャルデザイン
放射線技師から異業種へ
未経験分野に挑戦
病院求人はない
無料97公式サイト
転職サイト比較
目次

放射線技師は転職するタイミングが大切な理由

放射線技師が転職するタイミングが重要な理由は、業界の変化や人材需要の変化によって、求人状況が大きく変わることがあるからです。

チャコラ

転職するタイミングを見極めることが重要になります。

放射線技師が転職するタイミングが大切な理由について、以下の3つの視点から解説していきます。

転職市場の変化

チャコラ

放射線技師の転職タイミングは、難しい!!

転職市場は常に変化しており、放射線技師の場合も求人状況は変化します。

転職をしたいと思ったタイミングで良い求人に出会ったが、転職せずに後から後悔することはよくあることです。

さらに放射線技師の求人の条件が年々悪化していく可能性もありえます。

放射線技師の転職市場の状況について

1.医療機関の需要の変化

医療機関の需要が増えると、放射線技師の需要も増えます。特に高齢化社会の進展に伴って、がんや脳卒中、心臓病などの検査や治療が増えており、それに伴い放射線技師の求人も増加しています。一方で、コロナ禍によって他の疾患の診療が減少している影響もあり、求人数が減少している場合もあります。

2.放射線技師の需要の地域差

放射線技師の需要は地域によっても異なります。都市部に比べて、地方では求人数が少ないことが多く、求人数が多くても待遇が悪いというケースが見られます。しかし、地方自治体や医療機関が求人数を増やすために、転職支援制度を整備する取り組みも進んでいます。

3.放射線技師の人材の偏在

放射線技師の人材は、経験豊富なベテラン技師から新卒の若手技師まで幅広い層がいます。ただ、経験豊富なベテラン技師が多い地域では、求人数が少ないというケースがあります。逆に、新卒の若手技師が多い地域では求人数が多いことがあります。

今求人が豊富であっても、将来的には求人が減少する可能性があるため、転職のタイミングを逃すと、再度転職することが困難になる場合があります

タイミングを間違えると損をする

転職するタイミングを誤ると、待遇面や条件面など、自分にとって不利益な状況に陥ることがあります。

たとえば、ボーナス前に転職してしまうと、ボーナスをもらうことができずに損をしてしまいます。

職場によっては、繁忙期で有給消化ができない時期もあるでしょう。

そのため、転職するタイミングを考える際には、自分の今後のキャリアプランや、待遇面、スキルアップの見込みを十分に考慮する必要があります。

今の職場を辞めにくくなる

臨床検査技師

引き止められて辞められないよ〜

放射線技師の中には、現在の職場で働き続けることに不満を感じ、上司の報告のタイミングに悩んでいる人もいるでしょう。

しかしタイミングを間違えると上司から引き止められることがあります。

上司が転職を引き止める理由は以下の5つが大きな要因です。

1.人員不足になるため

放射線技師は、高度な知識と技術を必要とする職種です。職場に複数の放射線技師がいなければ、診療がスムーズに進まなくなる恐れがあります。そのため、上司は人員不足になることを恐れ、転職を引き止める場合があります。

2.業務の継続性を図るため

上司は、放射線技師が辞めることで業務が滞ることを心配しています。そのため、引き止めることで業務の継続性を図ろうとするのです。

3.自分たちの都合のため

上司自身が、放射線技師の辞めることによって自分たちの業務が増えたり、負担が増えたりすることを嫌って、引き止めることがあります。

4.上司の評価が下がる

上司は、放射線技師が辞めてしまうことで、自身の評価が下がる可能性があるため、転職を引き止めようとすることがあります。また、組織の中で人材が流出してしまうことで、上司自身も立場が危うくなることがあるため、放射線技師に今の職場に留まってもらいたいと考えることがあります。

5.教育・研修費用の浪費

新しい放射線技師を採用するためには、教育・研修費用がかかります。既に職場にいる放射線技師が辞めてしまうと、その費用が浪費されてしまうため、上司は転職を引き止めようとすることがあります。

これらの様々な要因から、上司に転職を引き止められることもあるでしょう。

今の職場を辞める理由や将来のキャリアプランを上司に説明し、理解を得ることが大切です。

強引に転職を進めるのではなく上司からの提案やアドバイスを聞くことで、より良い選択ができるかもしれません。

放射線技師におすすめ転職タイミングと必要とされるスキル|年齢別

放射線技師の転職において、年齢別におすすめのタイミングが存在します。また、それぞれの年代で求められるスキルにも違いがあるため、転職を考える際には注意が必要です。

臨床経験3年未満

放射線技師としての仕事に慣れるためには、3年以上の臨床経験が必要とされています。

臨床経験3年未満は基本的に『第2新卒』とも呼ばれています。

臨床経験が3年未満の場合は、まずは現在の職場でしっかりと技術を磨くことが重要です。

しかし入職直後に転職や数ヶ月以内に転職などは、『転職しやすい・長続きしないタイプ』と思われがちです。その点においては注意が必要です。

チャコラ

3年程度勤めると、『転職しやすい・長続きしないタイプ』と思われることは減るはずだよ!

\ レバウェル医療技師RT /

25~29歳での転職

25〜29歳で転職となると通常は臨床経験が3年〜7年とある程度のことが1人でできるようになっています。

ある程度の経験や職場環境を客観的に判断できるようになっています。

  • 放射線技師の仕事は自分に向いている
  • 新しい仕事にチャレンジしたい
  • もっと専門的な施設でスキルを磨きたい

など、多くの気づきや発見が出てきます。

転職市場においても若年でさらに臨床経験者の求人は豊富に出ています。

他の放射線技師と差をつけ転職を成功させるには、豊富な臨床経験や超音波検査などの実践スキルなど他の人と差がつくようなスキルを身に着けておくことが重要です。

\ レバウェル医療技師RT /

30~34歳での転職

30歳〜34歳での転職は、可能な限り早めの転職をおすすめします。

理由としては、放射線技師の30〜34歳は中堅技師とゆう立場になります。30〜34歳での放射線技師は受け入れる施設側もある程度の技術や経験を希望しています。

つまり入職後に求められるスキル・ハードルも高くなりやすい傾向にあります。

チャコラ

別の仕事に転職を検討しているなら、ラストチャンスの年齢でもあるよ!

35〜40歳での転職

35歳から39歳までの放射線技師にとって、転職のタイミングは比較的難しくなります。これまでに一定の経験を積んでおり、特定の分野に関しては専門性を持ち始めていることが多いため、転職先で同様の職務を担当するためには高いスキルが求められます。

必要なスキルとしては、以下のようなものが考えられます。

1.責任感の強さ

35歳以上になると、今後のキャリアを考える上で、責任あるポジションを狙いたくなることが多くなるでしょう。そのため、責任感の強さが求められます。

2.マネジメント能力

35歳以降になると自分のことだけではなく、他の放射線技師へ指導やマネジメントなどが求められます。転職してすぐに必要になることはありませんが、35歳以降は必要になってくるスキルとも言えます。

3.コミュニケーション能力

転職先での仕事では、チームで働くことが多くなるため、コミュニケーション能力が重要になってきます。特に、上司や同僚・看護師・医師・コメディカルとのコミュニケーションにおいては、相手に対してわかりやす説明ができることが求められます。

4.計画力・組織力

業務において、計画を立て、遂行するための能力が求められます。また、同時に、組織力も重要になってきます。効率的に仕事を進めるためには、多くの情報を取捨選択し、組織的に取り組む能力が必要です。

5.専門的なスキル

放射線技師としての専門的なスキルは、もちろん引き続き求められます。しかしながら、この年齢層になると、より高度なスキルが求められることがあります。

40歳以降での転職

40代以上の転職者は年齢や経験が高いことから、今までの経験やスキル・知識を活かしたいという気持ちが強く、新しい環境でのスタートは少し勇気が必要かもしれません。

柔軟な対応が難しくなってくる年齢です。今までの知識を押し付けたり、考え方や手技を変えることに抵抗を感じる年齢でもあります。

チャコラ

特に管理職経験からの転職は、勇気と柔軟な考えと対応が必要です。

施設側から求められるスキルは、かなり高度なものになりやすい傾向になります。高度なスキル経験が求められない場合もありますが、以前の施設の方法ややり方・考え方を変えなければ入職後に苦労することなります。

自分に合った転職先を見つけるために、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

\ レバウェル医療技師RT /

放射線技師が転職するのにおすすめタイミング

次に放射線技師が1年間の中で転職するのにおすすめのタイミングを考えていきます。

中途採用が増える2・3月、8・9月

2・3月、8・9月は年度や半期の始まりに合わせた採用計画や、社員の入れ替わりが多い時期であることが挙げられます。

この時期は、比較的珍しい求人や新卒採用をしない施設など優良な求人が多い時期とも言われています。

また、夏季・冬季のボーナス支給があるため、8月や9月にも求人数が増える傾向があります。

賞与・昇給のタイミング

ボーナスが手元に入ってから次の職場に移ることで、収入面での安心感を得られます。次の職場では、すぐに満額ボーナスを受け取ることが難しいでしょう。

先ほども解説しましたが、夏季・冬季のボーナス支給後は転職市場が活発化しやすく転職しやすい傾向にあります。

しかし退職予定を告げている場合、ボーナスの査定や金額が大幅に減額されてしまう、もしくは全額カットなどの可能性もあります。その点に関しては注意が必要です。

チャコラ

ボーナスをもらったタイミングで、転職活動を開始するのもあり!

家庭環境の変化

結婚や出産・育児や介護など放射線技師として働いていく上で仕事と生活の両立が難しいと感じる場合は転職を検討するタイミングとも言えます。

特に休日出勤やオンコール・夜勤・残業などがある場合には、ワークライフバランスの調整が難しく精神的にも身体的にも疲労を感じやすいです。

サラダ

家庭環境の転職は上司や同僚にも報告しやすくて、転職を検討するベストタイミング!

いつかこの職場を転職したい。職場に不満を感じている場合には家庭環境が変わったタイミングで転職を検討してもよいでしょう。

放射線技師が転職タイミングに悩む人に、おすすめサービス

放射線技師を辞めるタイミングを検討している人にとっては様々なサービスが利用できます。

以下では、その中でもおすすめのサービスを紹介します。

チャコラ

安心して利用できるサービスを厳選して紹介するよ!

レバウェル医療技師(RT)

レバウェル医療技師(RT)は、放射線技師専門の転職サービスです。

放射線技師に特化した転職サイトで、放射線技師が資格を活かして転職したいと考えている人にとってピッタリのサービスで無料で利用することができます

会社概要を詳しく見る↓
サービス名レバウェル医療技師(RT)
公式サイトhttps://www.a-cial.com/
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
対象者放射線技師
利用料金無料
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
給与交渉あり
面接指導あり
LINE相談可能
メリット
  • 幅広い分野への転職に優れている
  • LINEで休日や空き時間に相談できる
  • 放射線技師時代の経験を活かせる
デメリット
  • 求人が全て非公開
  • 場合によっては、希望の求人が見つからない

\ レバウェル医療技師RT /

放射線技師人材バンク

放射線技師人材バンクは、放射線技師専門の転職サービスです。

放射線技師に特化した転職サイトで、放射線技師が資格を活かして病院や介護施設に転職したいと考えている人にとってピッタリのサービスで無料で利用することができます

会社概要を詳しく見る↓
サービス名放射線技師人材バンク
公式サイトhttps://www.a-cial.com/
運営会社株式会社エス・エム・エス
対象者放射線技師
利用料金無料
公開求人数公開+非公開
非公開求人数非公開
給与交渉あり
面接指導あり
LINE相談可能
メリット
  • 介護・病院への転職に優れている
  • LINEで休日や空き時間に相談できる
  • 放射線技師時代の経験を活かせる
デメリット
  • 一部求人が非公開
  • 企業や研究所の案件は、少ない

\放射線技師人材バンク /

メディコ

メディコは、放射線技師専門の転職サービスです。

メディコは、『完全無料で使える』『LINEで相談できる』『病院の口コミが見れる』など良い意見も実によく利用者の多くが満足できているサービスです。

会社概要を詳しく見る↓
サービス名メディコ
公式サイトhttps://www.a-cial.com/
運営会社株式会社WILLCO
対象者放射線技師
利用料金無料
公開求人数公開+非公開
非公開求人数あり
給与交渉あり
面接指導あり
LINE相談可能
メリット
  • 病院の口コミを知れる
  • LINEで休日や空き時間に相談できる
  • 放射線技師時代の経験を活かせる
  • 医療業界に特化している
デメリット
  • 一部求人が非公開
  • 口コミが少ないこともある

\ メディコ /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次